【神社】弁天社さん


こちらの弁天社さんには不思議なご縁をいただき

お参りするようになりました。

ご縁というか、ちょっかいだされた的に思っています。ありがたや~。


この画像では分かりませんが

初めて見た時は、遠目にも、薄暗くて寂れた雰囲気のお社で

中にお狐像がたくさんあるのが見えるもんで

何か怖くて近くに行かないようにしていました。実は。


このお賽銭入れだけ新しい、不思議なお社でした。


別のお社から、ある日このお社を見た時、お賽銭入れが目につきました。


だって「浄財」って書いてあったんです。

へえ?神社なのに何で?と近寄っていきました。

そこで初めて、弁財天さんのお社だと知ったのです。

お寺系だから「浄財」ってしてんのかな?と結論付けました。

その時に、もう一度近くで「浄財」と書いてあるのを確認しました。

そして近くまで行ってしまったので、ご挨拶のお参りをしました。


本当に「浄財」って書いてあったんです。

絶対に見間違いではありません。

でなきゃ興味もたないし近寄るわけないんですよ。

神社仏閣好きで、よく行く神社ですからね、

勘違いも絶対にしません。ありえません。


でも、それ以降はいつも「賽銭」って書いてあるんですよ、これ。


お参りのさいの末社巡りコースに入ったこちらのお社ですが

振り返ったら、風もないのにスズの縄がブンブコ振り回されてることもありました。

おちょくられてるよな~と思っていました。

その縄は劣化で取り外されてしまったので

新しいものを奉納しました。

お狐さん方の前掛けもかなり古くなっていたので

新しいものを奉納しました。


スズの奉納の時に、社務所で権禰宜さんと

こんなことがあったと、話をしたのですが

「浄財」はお寺で使う言葉で~と長々と聞かされました。

知っとるわー!と思いました。

知ってること前置きで話したがなー!とも。


このお賽銭入れは、子供のできないご夫婦が

こちらの弁天社さんにお参りを続けて授かりがあったので

お礼として奉納した物だそうです。


由緒書きの札が無い理由を質問しました。

いつからいる神様で、両横の大明神ってどちらさん?って思っていたので。

ある旧家で事情があってお祀りできなくなったお社で

こちらの神社引き取ってお祀りしているとのことでした。


そこの家を守るための神様だったでしょうに・・・

とお気の毒な気もしましたが

ちゃんとお祀りされて、参拝者も多いようなのでよかったのでしょう。


弁天さんのお社にお狐さんが6体入ってるのは何故かも質問しました。

「誰かが置いていくんですー!」と悲痛な声での回答だったので

思わず笑ってしまいました。


前掛けを奉納した後すぐ、仕事が決まりました。

それから2年ほどで奨学金を完済して、貯金もできたので鳥居を奉納しました。

一緒に垂れ幕の布も奉納しました。

お給料良かったんです。

ご加護お導きの賜物です。


産土神社でなんとなくお参りしていたお社

観光先の神社で、目や足が止まってお参りするお社

よく見たら、ほぼ弁天社さんです。


何かしらご縁があるのです、きっと。

だからちょっかい出されて

色々奉納させてもらったり

御神徳を書き留めることになったのです。

コメント

このブログの人気の投稿

はじめに

【神社】サムハラ神社

サンスクリット語