投稿

【神社】金山彦神社 金山媛神社

イメージ
久しぶりの遠出をしました。

大阪府柏原市の、金山媛神社です。

鍛冶系の神様で、有名どころでは京都の御金神社の御祭神でもあります。


JR河内堅上駅は、どこを向いても緑豊かな山が見える無人駅で

道中でコンビニはおろか自動販売機も見なかったくらいにのどかな場所です。


金山神社として、2社です。

男神の金山彦神社、女神の金山媛神社。

イザナミさんとカグツチさんから同時に生まれた二柱の神様です。


駅から多少歩いてまずは金山彦神社さんです。

お参り後に猫発見。


逃げないけど、近寄ったら不機嫌顔。お触り禁止の威嚇を数回されました。


さらに歩いて金山媛神社へ。

山手なので、ゆるやかな坂がずっと続いてて少し遠く感じました。

写真では分からないけど、本当に不思議な爽やかで美しい雰囲気の神社さんです。

えらく長い時間ぼーっと滞在させていただきました。


佳き休日でした。

【ベジ】玄米カフェさん

イメージ
心斎橋にあります。
ランチは日替わり。
1Fのショップに大豆ミートや玄米のインスタントラーメンを買いによく行きます。


ランチに行っても売切れということが何度かあります。(本日のプレートが)

そういう時は、玄米おにぎりを作ってもらって

持ち帰りにします。

10種類以上あって選べる感が嬉しいです。



この日のランチは豆腐南蛮。850円。

玄米、オーガニック、無化調のヴィーガン食で

このお値段というのも嬉しいです。

豆腐を南蛮仕立てとは考えたことがなかったので

なるほど~その手があったか、とちょっとした驚きでした。


お味は豆腐南蛮の名の通りで美味しかったです。

しかも、小さく見えてかなり満腹感がありました。




【ねこ】アニマルコミュニケーターさん

イメージ
動物の言いたいこと思ってることを伝えてくれる職業、

アニマルコミュニケーターさんに会ってきました。

先祖代々色々視えたり祓ったりする家系の方だそうで

その方は動物専門でされてらっしゃるとのこと。

信頼できる方のご紹介だったので、喜び勇んで行ってきました。


我が家の猫たちに、その方がコンタクトして

言ってることを私に伝えてくれるんです。

一番衝撃を受けたのは、部屋の描写です。


「レースカーテン?日光がやわらかく部屋に入ってる?」

と猫が見せてくれているという部屋の様子を話されました。

こちらが答える前に

「そうやね、レースカーテン、普通のカーテンが両端に開いてある。

カーペットが敷いてある・・・グレーっぽい・・・?

ここに、四角いものがある、木製、机?」

と見取り図をかかれました。


ベランダ側の部屋です。見取り図は大正解。

カーペットあります、グレーのホカペの上に薄茶のカバーです。

四角いのはベッド。

桐の木で足が長め、ダブルなので細長でなく縦横比率が結構机っぽいです。


「ここが邪気がたまってるって(猫が)見せてくれてる」

という言葉に戦慄しました。

ベッドの右上の部屋の隅を指されました。


この邪気は猫が引き受けてくれてるとか、より一層戦慄です。


普段帰宅時に色々念を持って帰ってることもあるとも言われ震撼しました。

帰宅時に猫が玄関まで出迎えに来るときと、遠くからこっちを見てるだけのときがあります。

出迎えない時が何かをくっつけている時だそうです。


戦慄と震撼が続くと、もう

何の邪気?!誰の念?!とムカついてきました。


帰宅後は、邪気だまりの場所を大掃除です。

ベッドどけて、壁と天井拭いて、床拭いて、カラコロ鳴るやつを吊るして

衝動買いして、しまい込んでた大日如来さんの曼陀羅を貼りました。


あっという間にキレイな空間に!!(多分)

猫が曼陀羅鑑賞やカラコロ鳴らしでその場所に行くようになったから大丈夫です。


掃除大事ですね。

そういえば、そのあたりはかなり長らくきちんと掃除をしていなかったんです。

ずーっと悩んでいた雑巾がけのルンバを買うことにしました。


その他、部屋の描写で

「お花?飾ってる?」

という言葉もありました。

猫がいるから、花は置かないんですが

ちょうどいただきものがあっておいてたんですよ。

ボールに花首だけで。

自称霊能者さんにはたくさん会いましたが

【ベジ】パプリカ食堂さん

イメージ
日本で初めてヴィーガン料理を食べたお店で

刷り込み的に親しみを勝手に感じているお店です。

台湾素食しか知らなかったので、日本人向けの味付けやメニューというのに感動でした。


ひさしぶりに行ったらランチメニューが変わってました。

お値段も。

去年の年明けくらいに、なんか高くなってたけど下がったようです。



大豆ミートの鳥から風、1360円

久しぶりの肉っぽい食べ物で嬉しかったです。


こちらは内装がとてもかわいいのです。


ショップカードのデザインもかわいい。

そしてハンバーグ風やカキフライ風やらの

誰でも受け入れやすいベジメニューが多くて美味しいので

たまに会う人とはここで食事をします。


ベジタリアンって美味しいのよっていう紹介的な感じに

一番いいと思っています。


私は今はサンスクリット語講座が終わるまでのベジタリアンです。

神様に向ける言葉と叡智の塊ヴェーダの勉強中は

アヒムサー(非暴力)と禁酒をすべきらしいので

せっかくの機会だし伝統に沿ってお勉強させていただきたいのです。

たまにお酒飲むし

しょうゆの出汁とかまでは考えてないザルタイプベジタリアンなんですけどね。

【神社】弁天社さん

イメージ
こちらの弁天社さんには不思議なご縁をいただき

お参りするようになりました。

ご縁というか、ちょっかいだされた的に思っています。ありがたや~。


この画像では分かりませんが

初めて見た時は、遠目にも、薄暗くて寂れた雰囲気のお社で

中にお狐像がたくさんあるのが見えるもんで

何か怖くて近くに行かないようにしていました。実は。


このお賽銭入れだけ新しい、不思議なお社でした。


別のお社から、ある日このお社を見た時、お賽銭入れが目につきました。


だって「浄財」って書いてあったんです。

へえ?神社なのに何で?と近寄っていきました。

そこで初めて、弁財天さんのお社だと知ったのです。

お寺系だから「浄財」ってしてんのかな?と結論付けました。

その時に、もう一度近くで「浄財」と書いてあるのを確認しました。

そして近くまで行ってしまったので、ご挨拶のお参りをしました。


本当に「浄財」って書いてあったんです。

絶対に見間違いではありません。

でなきゃ興味もたないし近寄るわけないんですよ。

神社仏閣好きで、よく行く神社ですからね、

勘違いも絶対にしません。ありえません。


でも、それ以降はいつも「賽銭」って書いてあるんですよ、これ。


お参りのさいの末社巡りコースに入ったこちらのお社ですが

振り返ったら、風もないのにスズの縄がブンブコ振り回されてることもありました。

おちょくられてるよな~と思っていました。

その縄は劣化で取り外されてしまったので

新しいものを奉納しました。

お狐さん方の前掛けもかなり古くなっていたので

新しいものを奉納しました。


スズの奉納の時に、社務所で権禰宜さんと

こんなことがあったと、話をしたのですが

「浄財」はお寺で使う言葉で~と長々と聞かされました。

知っとるわー!と思いました。

知ってること前置きで話したがなー!とも。


このお賽銭入れは、子供のできないご夫婦が

こちらの弁天社さんにお参りを続けて授かりがあったので

お礼として奉納した物だそうです。


由緒書きの札が無い理由を質問しました。

いつからいる神様で、両横の大明神ってどちらさん?って思っていたので。

ある旧家で事情があってお祀りできなくなったお社で

こちらの神社引き取ってお祀りしているとのことでした。


そこの家を守るための神様だったでしょうに・・・

とお気の毒な気もしましたが

ちゃんとお祀りされて、参拝者も多…

【ベジ】西区新町のレコッコレさん

イメージ
レコッコレさんが移転オープンされました。

大阪市西区、新町です。

早速ランチにお邪魔しました。


玄米ピラフの上には根菜ソテーとキャベツとピーマンの自家製ソース

豆腐キッシュは蓮根たっぷり

島根のあらめの煮ものはナッツ入り

色鮮やかで味がしっかりしたサラダにはもちろん自家製ドレッシング

いやーおいしかったです。



本当に不思議なんですが

たまたまってレベルでなくて100%なんですが

レコッコレさんのお料理を食べた後は

大体は臨時収入、全く思いもよらない幸運が来ます。確実に。

今日もランチ直後からありえない偶然が重なり

仕事上、良い方向に進みました。


新鮮でおいしい有機野菜に

手間暇かけて素材の味を引き出す調理法なので

普通の外食よりはもちろん少し高くなりますが

私が(勝手に、とはいえ確実に)感じている幸運の因果関係をも考えると

全然高くありません。


内装は、柔らかくて絶妙のセンスが不思議な統一感を醸し出していて

明るく静かな場所柄もあって、ものすごく落ち着く素敵な雰囲気です。

【神社】サムハラ神社

イメージ
サムハラ神社とは、大阪市西区の有名な神社です。

何が有名か、というと、やはり御神輪です。(それ以外もあります)

指輪の形の厄除のお守り、超絶レア品です。

予約不可、入荷当日午前中にほぼ売切れになります。

ほぼ、というのは、ものっすごいデカサイズや3号など、極端なサイズは午後に残っていることがあるからです。

入荷日は、社務所でもいつになるのか分からないそうです。

届いた日が、入荷日、と。



私は存在を知って2ケ月後にいただくことができました。

2016年5月です。

全力の全身全霊で本殿でお願いをしたのでお聞き届けいただけたようです。


イタイタしいかもしれませんが、本当です。

入荷日には、予感と共に朝5時頃、爽やかに目覚めます。

一度は、無視したんですが、午後に出先でどうしても入荷があった気がして神社に行ったら大当たり。

極端なサイズが残されるのみでした。

本気で泣きました、外で泣くなんて何十年ぶり?!ってレベルです。

再度涙目で全力の全身全霊で(以下略)

その次の次の入荷で同様の目覚めがありました。

9時到着を目指して家を出ましたが、着いたらすでにメジャーな9~11号はすべて頒布済(取り置きかも)。

社務所は電話じゃかじゃかお忙しそうでした。

在庫がある間だけ受けてもらえる取り置きの電話です。


私は12号をいただきました。

レア物で、お守りの指輪なんて、ゲームのアイテムっぽさもあるし

神社仏閣マニアには辛抱たまらん一品でして、本当に熱くなりました。



神社の説明をガサツに簡単にしますと、厄除け関係です。

「サムハラ」は神代文字での漢字のような表記がありますがその文字自体が守り、厄除けになるそうです。

う~ん、この呪文感もたまりません。


御祭神は、最初の神様の3柱。

この3柱は、古事記でイザナギイザナミが出て以降は、一切登場されないそうです。

「サムハラ」は「シャンバラ」説が好きです。

「シャンバラ」、雑なイメージをガサツに一言でいうと、重要な楽園的なところです。

サンスクリット語です。

インドとかあちらの方の感じです。

インドの神様というと、これも最初の神様が3柱ですよね。

ブラフマー、ヴシュヌ、シヴァ、と。

存在する過去もそれ以前も含めた宇宙全部が神様なので

大きすぎて、理解しやすくするために擬人化して三神とされたとも言われます。

こちらの御祭神の三柱も、最初に全て…